閉じる
  1. 2019年を始めるにあたって。
  2. ホント 女の人ばっかりです。
  3. 2020年について考えることにした。
  4. アウトプットがしたいだけ。
  5. 受動的に情報を受けとること。
閉じる
閉じる
  1. 気楽に棚卸し できます。
  2. 消費財になる家・資産になる家の分かれと道は?
  3. ヒントとチャンスは同時にやってくる。
  4. あらためて 資産と言える「 家 」とは。
  5. 家は、そういうものです。
  6. 値下げが一番カンタン。
  7. アウトプットがしたいだけ。
  8. 姫路猫不動産とは?
  9. 人が集まる力はすごいですね。
  10. 2020年について考えることにした。
閉じる

タケダタツオ の頭のなか

ヒントとチャンスは同時にやってくる。

資産としての住宅ということを ここ数日考えています。

換金性という視点からだと、住宅は資産とは言いにくいです。
何故なら、住んでる間は売れないし、仮に 引っ越しした後だとしても、買った金額より高く売れるということはほぼありません。

そもそも、ローンの残金以上で売れなければ 売却金額とローン残金との差額の現金を用意しないといけませんし。
なので、ローンを返済し終わるまで売らないという暗黙の了解の元 成り立っているものなのです。

実質35年間現金化できないものが、資産なのか?と。
そう考えると換金性という意味での資産性はないですよね。

なので、資産性がある住宅とは 「 その人の幸福度が最大化する環境 」のみになります。

自分自身や家族の幸せが最大化する住宅であれば、それは資産ですよ。

幸福度が最大化すれば、仕事への取り組みも変わるでしょうし、より 高みを目指し自己投資としての勉強に励み、休日は家族とのコミュニケーションの場となり、その両親を見た子供たちが健全に成長する。
そういう住宅であれば、そりゃ 資産ですよ。

ただ そういう住宅を建てるにはメチャクチャエネルギーもいりますし、そもそも人生に向きあい続ける必要がありますわな。

本来 住宅とはそういうものだったんだと思いますよ。
でも、今はそうなっていない。

そんなことを もんもんと考えていたら 学生時代の友人から連絡がありまして、不動産屋としての考えを求められたわけです。
その友人は 建築設計事務所を経営しているんですが、クライアントと話の中で 気になることがあったらしく 僕に白羽の矢が立ったようです。

なんか思いつくままダラダラと話したのですが、ヒントがどんどん降りてきて それらがチャンスに変わっていくんです。僕の中で。
資産としての家って あきらめなくていいかも。って。

色々課題もありますが、このタイミングで彼から連絡があったということは少なからずそちらの方向に答えがあるんだな。感じています。
だから迷わずそちらに進む。

それが僕の生き方です。
   
   
   

The following two tabs change content below.
タケダ タツオ
不動産屋目線で気になったことを書いてます。 一応 不動産屋なもので。 ちなみに物件情報とかは書きません。 不動産屋が不動産の物件情報を書いてもおもしろくも何ともないんで。 その辺は 書きたい不動産屋さんにお任せしたいと思ってます。 コメント、メッセージには必ずお返事していますが、業務の関係上 遅れる場合もあることだけご了承ください。

関連記事

  1. で、どうなるの?って話

  2. こんな発想ある?

  3. じゃ、やめれば。

  4. 金太郎が出ると思って切ったら鬼が出るパターン。

  5. どう考えても自分のためですから。

  6. 値下げが一番カンタン。

おすすめ記事

  1. アウトプットがしたいだけ。
  2. 2020年について考えることにした。
  3. 受動的に情報を受けとること。
  4. 2019年を始めるにあたって。
  5. ホント 女の人ばっかりです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. お世話になっている経営者の方から 株式投資は趣味程度にやっていおいてもいいと思うよ。というお話を…
  2. 「建築条件なしの分譲地って少ないですね~。」とよく言われるので その理由を書いておきます。(ご来…
  3. 価格自由な本なので、読んだ後に価格を決めてくださいね。って本。普通は1500円払って 本を読んで…

運営会社

ページ上部へ戻る