閉じる
  1. アウトプットがしたいだけ。
  2. ホント 女の人ばっかりです。
  3. 受動的に情報を受けとること。
  4. 2020年について考えることにした。
  5. 2019年を始めるにあたって。
閉じる
閉じる
  1. 読み終えてから買う
  2. 曇り空の不動産投資の市場
  3. 永遠に掛け算にならない。
  4. 僕自身は信心が深くないので。
  5. お酒も飲める不純喫茶と焼き菓子のお店
  6. シトラスグリーンにライトアップされた「姫路城」を世界中の人たちに見せた…
  7. 早起きと一緒です。
  8. 自分の知らない世界の話
  9. 小学校の家庭科の授業以来。
  10. 効率に走った時代は。
閉じる

タケダタツオ の頭のなか

「 大は小を兼ねない 」という選択

久々に夜8時30分くらいに2号線を走ったんですが、ラーメン屋さんが閉まってました。
もちろん他の飲食店も閉まってました。

夜7時でアルコールがストップで、8時には閉店。ということですね。
強烈な制限です。

いろんな捉え方はあるとは思いますが、基本的にはピンチだと思います。

ただ、こういった状況が今後来ないか?と言われると、そんなことはないわけで。

後付けと言われるかもですが、いろんな偉い人が随分と前から今の状況に陥るリスクをいろんなところで発信されているようでした。

最大効率化を図った今までのビジネスモデルが正面から否定されている状態で 何ができるか?を考えるしかないですね。ホント。

おそらくあと1~2年は今の状況を意識しながら営業をせざるを得ないでしょうし、お客さんも同じ。

夜に飲み歩くことは今まで以上に減るでしょうし、家にいる時間がおのずと増えるわけです。

コミュニケーションはオンラインに偏るしかないですが、そもそもオンラインだと大人数の会議で必要ない人があぶり出されてしまうので、3人くらいのグループに分散されるような気がします。

あとは議事録や会議動画を共有すればいい。

となると、今までより 仕事の実働時間が減ります。

なので、実働時間と賃金が連動しているお仕事が一番影響を受けると思われます。

おそらく経営者側は 今までの最大効率化の方法を見直さざるを得なくなる。

「 大は小を兼ねない 」という選択がドンドン増えるんじゃないでしょうか?

誰もが知ってる正解が不正解になり、効率より非効率を中心に設計することが是となる。と 考えると いろいろ見えてくる打ち手もあります。
(というか、そこ見るしか手がない。)

打ち手は見えてくるんですけど、失敗は減らしたい。

その時に クラウドファンディングって面白い仕組みだな、と思うわけです。

クラファン市場は去年の5倍になってるそうです。

そして キャンプファイヤーの手数料が値下げ。
各クラファンのプラットフォーマーが陣取り合戦に入ってきたということなんでしょう。

いつの世の中もそうなんでしょうけど、「 やるしかない。 」んだと思います。
   
   
   
    

The following two tabs change content below.
タケダ タツオ
不動産屋目線で気になったことを書いてます。 一応 不動産屋なもので。 ちなみに物件情報とかは書きません。 不動産屋が不動産の物件情報を書いてもおもしろくも何ともないんで。 その辺は 書きたい不動産屋さんにお任せしたいと思ってます。 コメント、メッセージには必ずお返事していますが、業務の関係上 遅れる場合もあることだけご了承ください。
タケダ タツオ

最新記事 by タケダ タツオ (全て見る)

関連記事

  1. お前は誰なんだ?

  2. 親の常識がそれを必然にしてますよね。

  3. CD買いませんね。確かに。

  4. レトロという価値観で持つなら別ですけど。

  5. アンケートページを作ってみました。

  6. 趣味=ホームページつくり

おすすめ記事

  1. アウトプットがしたいだけ。
  2. 2020年について考えることにした。
  3. 受動的に情報を受けとること。
  4. 2019年を始めるにあたって。
  5. ホント 女の人ばっかりです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 父の代からお世話になっていた税理士さんを この度変更しました。20年以上ですから、私的には思い切…
  2. 価格自由な本なので、読んだ後に価格を決めてくださいね。って本。普通は1500円払って 本を読んで…
  3. 「建築条件なしの分譲地って少ないですね~。」とよく言われるので その理由を書いておきます。(ご来…

運営会社

ページ上部へ戻る