閉じる
  1. 2020年について考えることにした。
  2. 2019年を始めるにあたって。
  3. アウトプットがしたいだけ。
  4. 受動的に情報を受けとること。
  5. ホント 女の人ばっかりです。
閉じる
閉じる
  1. 自分の知らない世界の話
  2. 小学校の家庭科の授業以来。
  3. 効率に走った時代は。
  4. 「 大は小を兼ねない 」という選択
  5. 会議で、適当にうなずいてたら担当になってました。
  6. 「 ほどほど 」でいい人
  7. 不動産業は淡々とこなします。
  8. 問題しか見えてこないし、誰もがスルーしたい案件。
  9. 「手書き」の価値も微妙
  10. 「ひらめき」を手探りで堀り始めてます。
閉じる

タケダタツオ の頭のなか

そんな「 条例 」あり?って感じです。

「 古家を壊して更地にすると建物の固定資産税はゼロになりますが、土地の固定資産税は上がるのでトータル固定資産税は上がります。」
  
  
とか
  
  
「 更地の場合 草の除去などの管理にお金がかかりますね。 」
   
  
など このブログでも書いているからかもしれませんが、今日の新聞記事には驚きました。
  
  
そんな「 条例 」あり?って感じです。

その条例はどんなものかと言うと・・・。
   
   
「 空き家規制 条例 」だそうです。
   
   
なんでも 空き家の管理を所有者に徹底させる条例だそうで、埼玉県や和歌山県ではすでに実施されているそうです。
  
  
「 息子が出ていって、親も息子と同居または施設に入るために家を出ていって その家の管理を誰もできなくなった。 」
   
   
というケースが増えているそうで、この10年間で空き家は180万戸増加しているそうです。

ちなみに この180万戸には賃貸住宅や別荘も含むみたいです。
   
   

確かに 古家の空き家は台風や地震、放火などの心配が常に付いてきます。

ただ この心配は所有者より隣地の方が強く感じていると思いますが・・・。
   
   
とはいっても 冒頭の通り、建物を解体するのに費用がいるし、固定資産税は上がるし、今度は雑草の文句を近所から言われる。という現実が目の前にあります。
   
  
いずれにしても 売るなり、貸すなりの方法を考えないと 負の資産を抱え続けることになります。

というわけで 不動産を管理する能力が今後さらに求められますね。
  
  
負の資産を 本当の資産に変えるには 管理力・企画力が大事になっていきます。

とはいっても こういう状況になっても 実は 真剣に不動産の運用を考える人は一部なんですね。(体感として。)
   
  
その中の競争に勝てばいいんで、やってみたら難しくないかもしれませんよ。

(難しくなくても 行動しか方法はないと思いますが・・・(汗))
   
   
  

The following two tabs change content below.
タケダ タツオ
不動産屋目線で気になったことを書いてます。 一応 不動産屋なもので。 ちなみに物件情報とかは書きません。 不動産屋が不動産の物件情報を書いてもおもしろくも何ともないんで。 その辺は 書きたい不動産屋さんにお任せしたいと思ってます。 コメント、メッセージには必ずお返事していますが、業務の関係上 遅れる場合もあることだけご了承ください。
タケダ タツオ

最新記事 by タケダ タツオ (全て見る)

関連記事

  1. 位置指定道路に面する土地の注意事項

  2. 現地看板のデザインを変えました。

  3. 土地の売買には関係ないね。

  4. 法務局もコンピュータ化。

  5. 古家の解体費用って 売却時の経費になるんですか?

  6. 当社の不動産査定は有料なんです。

おすすめ記事

  1. アウトプットがしたいだけ。
  2. 2020年について考えることにした。
  3. 受動的に情報を受けとること。
  4. 2019年を始めるにあたって。
  5. ホント 女の人ばっかりです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. GWも後半になってきました。正直もう外には出たくないのですが、午後からの子どもたちの近場リクエス…
  2. お世話になっている経営者の方から 株式投資は趣味程度にやっていおいてもいいと思うよ。というお話を…
  3. 「建築条件なしの分譲地って少ないですね~。」とよく言われるので その理由を書いておきます。(ご来…

運営会社

ページ上部へ戻る