閉じる
  1. 2020年について考えることにした。
  2. 受動的に情報を受けとること。
  3. アウトプットがしたいだけ。
  4. 2019年を始めるにあたって。
  5. ホント 女の人ばっかりです。
閉じる
閉じる
  1. 不動産屋が真夏の夜にぶっちゃける!「怖い物件」の話。
  2. 賃貸オーナーに求められる必須のスキルは○○目線。
  3. 多様化する価値観から“まったく新しい需要”を見いだせ!
  4. ロケーション不動産の可能性。
  5. 今や家具までサブスク購入!?ホントにお得?メリットは?
  6. でっきるかな?
  7. 不動産屋から情報を得る客、得られない客の違いとは?
  8. あなたは不動産購入で、得する人or損する人?
  9. 「都市集中型から地方分散型へ」で未来は変わる!?
  10. 気楽に棚卸し できます。
閉じる

タケダタツオ の頭のなか

2019年について考えることにした。

2018年12月31日 午後7時 年越しそばができるまでの間 家族それぞれがそれぞれ時間を過ごしているので 2019年について考えることにした。

2018年は周回遅れを取り戻すために全力で走ったと思っている。
実は2017年も同じで周回遅れを取り戻すために必死に走った。
いや2016年も同じだったかな?

何周遅れてるんだよ?って話ですが、
僕としては
「2019年も周回遅れを取り戻すつもり。」

達成感なんて全然ないし、安定感もさっぱりない。
ただ、お客さん一人一人の顔が見えてきた感じはあります。

お客さんというか 関わる人それぞれの顔が見えてきたというか その人たちに何となく感謝できるようになってきたという感じ。
それでも何となくですが、ありがとうって素直に思えるようになってきた。

…44歳のオッサンが言うことではないですけどね。

もちろん そんなこと言いながらも 2018年もイライラを大爆発させたことは少なくなかったですね。(苦笑)
まーそれだけ必死だということで。

そういえば2018年は色々捨てた年でもあります。

「捨てれば、新しい何かが入ってくるよ。」
なんてよく聞きますが、これは本当だと思います。

「何かが入ってきてから捨てようかしら。」とどうしてもスケベ心を出してしまいがちですが、絶対捨てる(辞める)方が先です。

当時起死回生を信じて始めた事業、自分のこだわり、今までのライフスタイル、思い返せば結構捨ててます。

とはいっても今 自分の目の前にあるのは
「何とかなるかな。」といった漠然とした感覚的なものだけで、それを裏付ける何かがあるわけでもないです。

さあ、2019年は その何の根拠もない自信という こん棒的武器を持って 冒険を始めるのですが こん棒だけでは心もとないのでメモ書き程度に地図を書いておこうと思います。

「2019年 何を言われても気にせず 淡々とリスクを取っていく。」

ウム。
シンプル。

メモ書き程度の地図なのでこのくらいでOK。
こん棒片手にビビって逃げたくなった時にパッと見れる簡単な地図がベスト!
  
その方が明るく生きれるよね。
他人の人生を生きる必要がどこにある?

そう思えた2018年。
だったら2019年もそうありたい。
    
    
    

The following two tabs change content below.
タケダ タツオ
不動産屋目線で気になったことを書いてます。 一応 不動産屋なもので。 ちなみに物件情報とかは書きません。 不動産屋が不動産の物件情報を書いてもおもしろくも何ともないんで。 その辺は 書きたい不動産屋さんにお任せしたいと思ってます。 コメント、メッセージには必ずお返事していますが、業務の関係上 遅れる場合もあることだけご了承ください。

関連記事

  1. 実は太子町で一番古い不動産会社みたいです。

  2. 2019年を始めるにあたって。

  3. ホームズ移転キャンペーン

  4. 夏期休暇(お盆休み)のご案内

  5. あと30分移動してもらうだけやん。

  6. キッズスペースをつくることにしました。

おすすめ記事

  1. アウトプットがしたいだけ。
  2. 2020年について考えることにした。
  3. 受動的に情報を受けとること。
  4. 2019年を始めるにあたって。
  5. ホント 女の人ばっかりです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 父の代からお世話になっていた税理士さんを この度変更しました。20年以上ですから、私的には思い切…
  2. 「建築条件なしの分譲地って少ないですね~。」とよく言われるので その理由を書いておきます。(ご来…
  3. お世話になっている経営者の方から 株式投資は趣味程度にやっていおいてもいいと思うよ。というお話を…

運営会社

ページ上部へ戻る